Home > MW

MW

  • 2010-10-21 (木) 21:50

数週間まえにCSで「MW(ムウ)」という映画を見ました。

主演の玉木宏や山田孝之はがんばっていたのですが

正直、それほど面白くはなかったです。

でも原作が手塚治虫ですごく面白いと聞いたので

読んでみました。

噂にたがわぬ面白さでした。

米軍が沖縄県の小島で起こした毒ガス流出事件で

島民が全滅してしまったのですが

偶然その島に居合わせて助かった二人の少年が成長した後の話。

歌舞伎の名優の血を引く結城美知夫は銀行マン、

賀来は神父となって教会にいるのですが

二人は同性愛の関係にあって

結城は男と女の間を行ったりきたりするという不思議な人物。

この結城が犯罪に手を染めて

自分の身体に重い後遺症を残した毒ガスMWを

世界中にばら撒いて復讐を企てようとし、

賀来はそれを懸命に阻止しようというストーリーです。

(映画でも人物設定は同じですが二人に同性愛の関係は無いw)

70年代の時代背景が色濃く残る話ですが

同じく70年代末の時代背景に

核テロリストを描いた日本映画「太陽を盗んだ男」に

雰囲気がよく似ていると思いました。

加えて主人公の結城のキャラクター設定の魅力。

どうみても美輪明宏を彷彿とさせる

両性具有的な悪のアイドルですね。

さすが手塚治虫、マンガの神様。

あらゆる世界を描いていたんですね。驚きました。

タグ: 映画の時間, 読書の時間

関連する投稿

コメント数:0

コメントする
情報を保存しますか?

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.artprimo.net/%ef%bd%8d%ef%bd%97.html/trackback
リンクのないトラックバックは受信されません。
MW from アールプリモ 文京区白山印刷グラフィックデザイン

Home > MW

検索
Feeds
Meta
印刷のご用命はアールプリモへ

トップへ戻る