Home > アールプリモ日誌 > CSS

CSS

07
04
2009年
090624_0335~001.jpg

5〜6年ぐらい前は

ホームページを作成するとき

htmlのテーブル(表)を使って

画像や文字をレイアウトしていましたが

これらの手法は現在ではかなり

ダメなものとされています。

その理由はアクセシビリティとSEO対策と思われます。

先ずアクセシビリティ、

これは普通のパソコンだけではなく

視覚に障がいを持つ方、高齢者などが用いる

読みあげ機能を持つ音声ブラウザや

その他にも携帯などさまざまな機器でも滞りなく

読めて情報を共有されるべき

という考え方です。

というのもhtmlでテーブルを作成すると一見美しく

レイアウトされているように見えますが

htmlのソースを上から読んで行くと

バラバラで意味が通じなかったりします。

つまりこれが第二のポイントの

SEO対策の問題に繋がります。

これはYahoo!やgoogleなどの

検索エンジンはhtmlを探索して

その情報が有益か有益でないかを

判断するので文章がシンプルで単純なものを

好むという理由です。

そこで現在ではCSSを用いるデザインへと

大きく変化してきました。

htmlはあくまでも単純に、
そして見た目はCSSでカッチリ仕上げる

それが現在のwebデザイン…

なのですが

これが非常に難しいのです!

ビジュアル要素を司る書類が

全てプログラム言語で作られている…

この大きな壁の前で自分をはじめ

多くの人がイバラの道を苦行僧のように

歯をくいしばって頑張っているのでしょう。

…多分。

タグ: css, html, デザイン, ホームページ

関連する投稿

コメント数:0

コメントする
情報を保存しますか?

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.artprimo.net/2009/07/04/271.html/trackback
リンクのないトラックバックは受信されません。
CSS from アールプリモ 文京区白山印刷グラフィックデザイン

Home > アールプリモ日誌 > CSS

検索
Feeds
Meta
印刷のご用命はアールプリモへ

トップへ戻る