Home > アールプリモ日誌 > OpenOffice ファーストインプレッション

OpenOffice ファーストインプレッション

08
21
2009年

実際に使用してみるとOpenOfficeのワープロソフト「Writer」は

文字入力に関してはMSWordと遜色はないような気がします。

Wordを使ってドキュメントを作っている人の中で、

文章の執筆に従事している人であればこれで充分ではないでしょうか?

(もっとも特殊な機能をたくさん使っている人もいるのかもしれません。

なにしろ多彩なソフトですから。)

もっとも、検索機能や段組などを使いたい人を除けば

単に日本語文章の執筆をしたい場合はTeraPadなどの

テキストライターでも充分な気がします。

Windowsに標準についているメモ帳やワードパッドと同じですね。

(TeraPadはこのサイトartprimo.netをデザインするときのCSS編集に使用しているフリーソフトです。

マルチウィンドウで何枚でも窓を開けるために昔から重宝しています。)

論文を制作している人や

社内の報告書を使っている人は図表を張り込む必要がありますので

そのあたりは実際に使うOpenOfficeWriterを使う機会が私にはないので残念です。

あとはOpenOfficeからPDFに書き出したときの挙動も興味がありますね。

タグ: Webデザイン, ソフトウェア, プリントアウト

関連する投稿

コメント数:0

コメントする
情報を保存しますか?

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.artprimo.net/2009/08/21/1145.html/trackback
リンクのないトラックバックは受信されません。
OpenOffice ファーストインプレッション from アールプリモ 文京区白山印刷グラフィックデザイン

Home > アールプリモ日誌 > OpenOffice ファーストインプレッション

検索
Feeds
Meta
印刷のご用命はアールプリモへ

トップへ戻る