Home > アールプリモ日誌 > 「板橋区」

「板橋区」

09
08
2009年

この本は板橋区を紹介している本なのですが

表紙をみたらなんか派手派手で

板橋区の暗黒面を鋭くえぐりだしている問題作!

…かと思いきやいがいとユーモアたっぷりで面白いです。

著者の方々が板橋区民だということで

問題点を指摘しながらも地元愛に満ちた暖かい視点ですね。

この本を読むと板橋の良いとこちょっとアレなところが

数字を使ってデータで示されます。

板橋っていうのはとりたてて盛り場もなければ

派手な観光地もない、有名なのはせいぜい荒川の花火だけ

みたいなところですが

そんなところになぜたくさんの人が住んでいるかというと

暮らしやすいからなんですね。

物価が安い商店街とか食べ物やさんが豊富なところとか。

東武東上線の大山は知る人ぞ知る人気スポットですし

環七は有名なラーメン店が点在する激戦地です。

それに病院が多い。病院数は足立区に負けるのですが

病床数はダントツの一位。

つまり大型病院が多いんですね。

板橋区はいいとこですよ。

…とはいえ私が住む高島平はこの本の中でも

ちょっと外されている感がありますね。

団地はちょっと文化が違うということのようですね!

日常

関連する投稿

コメント数:0

コメントする
情報を保存しますか?

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.artprimo.net/2009/09/08/1276.html/trackback
リンクのないトラックバックは受信されません。
「板橋区」 from アールプリモ 文京区白山印刷グラフィックデザイン

Home > アールプリモ日誌 > 「板橋区」

検索
Feeds
Meta
印刷のご用命はアールプリモへ

トップへ戻る