Home > アールプリモ日誌 > パソコンとわが社。

パソコンとわが社。

10
23
2009年

おかげさまでプリンターはなんとか順調に動いてくれるようになりました。

ありがとうございました。

世間ではウィンドウズ7がリリースされました。

前作Vistaが不人気だそうですが

私は未だにXPでやっています。

※XPは良いのですがOfficeはもう少し新しいのが良いですね…
 そのうちOpenOfficeが政府調達や役所などで標準化されると
 有難いですね。
 何しろライセンスが無料なのですから行財政改革にとっては重要だと
 思うのですが。

うちの会社ではコンピューターといえば先ずMacの導入から始まっています。

デザインの現場ではそれが業界標準だった90年代初頭。

事務処理は全部手作業だったのにデザインだけは

マックを使っておこなっていました。

なぜマックを使ったか…

結局安かったからです。

それまで印刷の中でコスト的に大きなウェイトを占めていた

「製版」の部分を大きく改革したのがマックだったのです。

今まで1行打ってもらって数千円、などというすさまじい値段だった

「写植」がマックを使ってデータで入稿すると

ほとんどタダ同然になってしまいました。

(というわけで現在、写植屋さんは全て廃業してしまいました)

それと同様にカラー写真を印刷物に入れる

――たったこれだけのことが当時どれほど

手間がかかり高価なものだったか…

今では隔世の感があります。

時代は移り、あの「IT革命」を経てうちの会社でも

PCが事務作業の多くへ導入されています。

中でも重要なのは

「受注発注システム」でしょう。

091023_1142~001

これは全部自分で汎用データベースソフトを使って作りました。

本当はOfficeのAccessを使って作りたいのですが

FileMakerを使っています。

マック用のソフト、クラリスワークスのデータベース機能を使って

個人的に作っていた「用紙の発注記録書類」を基に

ビルトアップしていったシステムだからです。

これを作るためにかなり時間もとられましたが

勉強にもなりましたし何より業務のスピードアップ効率化は

素晴らしい効果があります。

欠点は…

私しか使えないことです。。。。。

091023_1144~002

まぁもともと自分用に作ったのだから仕方が無いですが

もし他の人と運用するならばもっと便利に変更していく自身はあります。

パソコンで受発注システムなどを考えているご近所の個人事業主や

零細業者の方、ご相談くだされば

小さいシステムならアドバイスもできるかもしれませんよ。

091023_1144~001

091023_1146~001

タグ: ソフトウェア, デザイン, ビジネス, 印刷, 日々雑感

関連する投稿

コメント数:0

コメントする
情報を保存しますか?

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.artprimo.net/2009/10/23/1518.html/trackback
リンクのないトラックバックは受信されません。
パソコンとわが社。 from アールプリモ 文京区白山印刷グラフィックデザイン

Home > アールプリモ日誌 > パソコンとわが社。

検索
Feeds
Meta
印刷のご用命はアールプリモへ

トップへ戻る