Home > アールプリモ日誌 | 携帯から投稿 > ぼんち。

ぼんち。

10
24
2009年

091024_1558~001.jpg

空はどんよりし体調も今一つな午後。

家でぼんやりしてテレビを

付けていたら

大ヒット小説「沈まぬ太陽」が

渡辺謙主演で映画化されるという関連で

原作者、山崎豊子の映画作品をCSでやっています。

市川雷蔵主演、市川崑監督「ぼんち」を

見始めたらついつい引き込まれ最後まで。

女ばかり三代続いた大阪船場の

足袋問屋に生まれた跡取り息子。

病弱な父親(婿養子)は

「いつまでもぼんぼんやったらあかんで

ぼんちになりや。いっぱい遊びなはれや。」

と息子に言い残し死ぬ、

父親の「遺言」通り仕事もこなすが

遊びも派手な「ぼんち」になる雷蔵

遊びというのは「女遊び」で豊富な財力で芸子や

バーの女給に様々手を出し妾を囲い

子供をつくれば何故か全部

男の子が生まれ、家の実質上のボスである

祖母にがっかりされる。

この祖母の言い分が面白い、

男の子ならその店をその子が

継がなければならないが

女の子なら出来の良い男を

婿にもらって商売をもり立てられる。

ウチが繁栄したのは女が三代続いて

丁稚あがりを婿に迎えたからだ…

なるほど、そういう考え方も一つにはありますね。

これは合理的かもしれません。

実際、跡取り息子が重要な世界もありますが

スポーツや芸術、ビジネスなど

実力がモノを言う世界は人材を育ててこそ

次代へと受け継がれるものなのかも知れません。

それにしても昔の映画の女優さんはキレイで良いですね。

若尾文子、京マチ子といった大映映画の女優に

草笛光子、山田五十鈴、シャンソンで有名な越路吹雪まで。

こういうたくさんの女優さんに囲まれてスター市川雷蔵は

甘え上手ではあるけれど心に芯を持った

頑張りやを演じています。

眠狂四郎だけじゃない芝居もみものです。

タグ: ビジネス, 日々雑感

関連する投稿

コメント数:0

コメントする
情報を保存しますか?

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.artprimo.net/2009/10/24/1526.html/trackback
リンクのないトラックバックは受信されません。
ぼんち。 from アールプリモ 文京区白山印刷グラフィックデザイン

Home > アールプリモ日誌 | 携帯から投稿 > ぼんち。

検索
Feeds
Meta
印刷のご用命はアールプリモへ

トップへ戻る