Home > アールプリモ日誌 > 森のあるマンション

森のあるマンション

10
26
2009年

091025_1518~001

高速5号線と環八の交差点側、

中台のサンシティというマンション群

(こちらの住民の方は団地という言い方は嫌いでしょうね。
 私は好きですが ( ^ω^))

はちょっと高台にあって高級感があります。

民間の集合住宅なので資産価値もあり

ちょっとブランド的な位置づけがなされています。

駅からちょっとあるのが難点ではありますが

一番の素晴らしいところは団地の中に森が作られていることですね。

緑が深い感じがします。

緑というのは目に優しく、落着きを与えます。

生き物、とりわけ我々の祖先のDNAにしっかり根付いているからでしょうか。

猿の研究で知られる河合雅雄氏の著者によると

アフリカで地殻変動が起こり(アフリカ大地溝帯)

母なる森を失い地上生活を余儀なくされたところから

人間が始まった、ということです。

…無理やり乳離れさせれた子供のようなものなのでしょうか?

タグ: これはどうなっているのか?, デザイン, 日々雑感, 高島平to白山

関連する投稿

コメント数:0

コメントする
情報を保存しますか?

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.artprimo.net/2009/10/26/1535.html/trackback
リンクのないトラックバックは受信されません。
森のあるマンション from アールプリモ 文京区白山印刷グラフィックデザイン

Home > アールプリモ日誌 > 森のあるマンション

検索
Feeds
Meta
印刷のご用命はアールプリモへ

トップへ戻る