Home > アールプリモ日誌 > 年賀状の絵

年賀状の絵

11
14
2009年

文字の部分は毎年ほぼ同じものが使えるのですが

イラスト部分は毎年毎年、12種類の動物(想像上のものも含め)

が入れ替わります。

動物によっていろいろな傾向があって面白いです。

昨年の干支は牛、ですが

牛の場合はリアルなイラストだと草原で草を食べているような

ぱっとしない絵柄が多くてちょっと面白くなかったですが

デフォルメしたものだとなかなか味のあるものがおおかったですね。

ushi0001

力強いものもありました。

ushi0002

お尻を向けているへんな絵なのに妙に迫力があって好きでした。

ことしの干支は虎。

干支の中でも迫力は満点ですね。

縁起良い絵柄として掛け軸などにも昔から使われてきていますが

大切なお金やモノを「虎の子」、などともいいますが大切なものの意味もあり

中国では西の方角を守る神獣が白虎(びゃっこ)とされています。

リアルテイストの絵、いわゆる劇画タッチ、だと

tora01

tora02

こういう感じですね。

圧倒的なパワーを感じさせます。

正直いうと自分はこういうのはどこか怖いですw。

特に虎は単独で生活するために孤独感が強い気がします。

(だからカッコいいのかもしれません)

自分の好みとしては

tora03

こういうどこか猫?みたいなタッチ、というかボディバランスの

子供の虎が好きですね。

民芸品、いわゆる張子の虎も定番でありとあらゆるものがあります。

自分の好みはここでもちょっと変わっていて

tora04

これじゃ張子かどうかよくわからないですね

あげくの果てにはこんなのが面白くてしかたがなくなります。

tora05

年末、お忙しい中ですが年賀状はなるべくお早めに!

タグ: これはどうなっているのか?, アールプリモの業務案内, デザイン, ビジネス, 印刷, 日々雑感

関連する投稿

コメント数:0

コメントする
情報を保存しますか?

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.artprimo.net/2009/11/14/1651.html/trackback
リンクのないトラックバックは受信されません。
年賀状の絵 from アールプリモ 文京区白山印刷グラフィックデザイン

Home > アールプリモ日誌 > 年賀状の絵

検索
Feeds
Meta
印刷のご用命はアールプリモへ

トップへ戻る