Home > アールプリモ日誌 > 年賀はがきもインクジェット

年賀はがきもインクジェット

11
19
2009年

毎年、だいたい1500枚ぐらい郵政会社発行の年賀はがきを購入しますが

それ以外に持ち込みではがきをお持ちになるお客様もいらっしゃいます。

その持込がここ数年インクジェットの年賀葉書が多くなってきています。

表面にインクジェットプリンター専用の加工が施されています。

ところがこの用紙が印刷の世界では鬼門となっていて

どこの印刷工場でも怒られることになります。

レーザープリンターではもっとだめです!。

(レーザープリンターと書いてますが一般のコピー機、カラーコピー機でも同様。)

内部で絡まるという話です。

恐らく熱で表面の材質が解けてドラムに張り付くのではないかと

思われるのですが…

…実は詳しいことはよくわかりませんw

とにかく最初から「刷れません」と断られることがほとんどです。

なのでうちではその葉書を郵便局で交換してもらうことが多いです。

交換手数料が一枚5円が必要なように見えるのですが…

インクジェット年賀状→ふつう紙の年賀状

への交換の場合、交換手数料は無料です。

「誤って別の種類の年賀はがきを購入された場合」
参考URL:http://www.post.japanpost.jp/question/134.html

※書き損じの場合は5円の交換手数料が必要になります。

タグ: これはどうなっているのか?, アールプリモの業務案内, オンデマンド, ビジネス, 印刷, 印刷発注, 時事問題

関連する投稿

コメント数:0

コメントする
情報を保存しますか?

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.artprimo.net/2009/11/19/1672.html/trackback
リンクのないトラックバックは受信されません。
年賀はがきもインクジェット from アールプリモ 文京区白山印刷グラフィックデザイン

Home > アールプリモ日誌 > 年賀はがきもインクジェット

検索
Feeds
Meta
印刷のご用命はアールプリモへ

トップへ戻る