Home > アールプリモ日誌 > Not官製葉書

Not官製葉書

12
01
2009年

091201_1939~001

師走となりますと毎度のこと

年賀葉書の印刷も佳境になります。

ご自分で葉書を持ち込まれるお客様もいらっしゃいますが

こちらでご用意する場合もかなりあります。

領収書をお出しする場合、

昔は「官製年賀」という言い方でしたが

ここ最近はなんといえばいいのか悩み中です。

「郵政会社年賀葉書」とか「日本郵政年賀葉書」とか…

まぁ一般的には

「お年玉付年賀葉書」あたりが妥当な線かと思います。

また、法律が変わるかもしれませんからどうなることか…

もうひとつ悩むところは領収証。

例えば仮に

500枚、年賀葉書印刷を受けたとき

8000円の印刷代を頂戴し

25000円の立替代金を預かると

合わせて33000円+印刷代にかかる消費税が400円

合計33400円の領収証…これって印紙が必要?

という問題です。

葉書代金は非課税で印紙がいらないのです。

こういう場合、少々面倒ですが

領収証を二枚作成して片方は印刷代、もう一方は葉書立替代

として出すと印紙が必要なくなる、という

魔法のような不思議なお話があります。

…実は打ち明ければ

「印紙」自体、なにがどうなっているのかさっぱり、

という魔法のような気も若干しているのですが…。

タグ: アールプリモの業務案内, ビジネス, 失敗, 日々雑感

関連する投稿

コメント数:0

コメントする
情報を保存しますか?

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.artprimo.net/2009/12/01/1731.html/trackback
リンクのないトラックバックは受信されません。
Not官製葉書 from アールプリモ 文京区白山印刷グラフィックデザイン

Home > アールプリモ日誌 > Not官製葉書

検索
Feeds
Meta
印刷のご用命はアールプリモへ

トップへ戻る