Home > アールプリモ日誌 > 播磨坂イルミネーション

播磨坂イルミネーション

12
20
2009年

ここんところ寒い日が続いています。

夜になるとめっきりと冷え込みます。

クリスマスを控えたこの時期、

街中のあちこちでは

もうすっかりおなじみとなったイルミネーション。

隣近所の「鞘当て」で思いっ切りエスカレーションしている

自宅イルミネーションが盛んな地域もちらほら見受けられますし

商店街なども活性化の名の下に一生懸命やっていたりします。

表参道のイルミネーションもことし十年ぶりに復活したとのことですが

文京区で小粋な新しいセレブスポットと呼ばれる(あるいは揶揄される)

播磨坂でもイルミネーションをやっていると街角のポスターで見て

行って見ました。

東京メトロ丸の内線茗荷谷駅から後楽園駅方面へと

春日通を進みますと左手に見えてくるのが播磨坂(環3通り)です。

091219_1853~001

あ、見えてきました。

さすが「文京さくらまつり」が行われるので有名な播磨坂、

イルミネーションも「さくら色」ですw

けっこうかわいらしい…

というかしょぼい感じで

途中までしかないのですね。

でも登りと下りの車道の真ん中に設けられた

ベルト遊歩道へ入るとけっこう美しいです。

091219_1853~004

いかんせん、周囲にお店などが少なくて

(若干レストランが頑張って営業しています。
あぁいうお店はかなりおしゃれでお値段も張りそう。
お値段も播磨坂。)

ここだけチラチラと光っているのもすこし中途半端かもしれません。

今後の発展に期待したいですね…  っていっても

もうバブリーな時代はすっかり終わっていますからね…

091219_1853~002

もう少し庶民的で

周辺の住民の方々に愛される街へと

育ってくれたらいいと思いますね。

それにしても「ブラッセリー」とか「パティスリー」みたいな

お店が増えたものですね。…なぜでしょう?

播磨坂は春日通と千川通りをバイパスする形でできている道路で

別名「環三通り」という名前が示すとおり都市計画の段階では

環状線をつくるはず(外側の環七、環八と同じような)だったのが

この中途半端な状態でストップしたものです。

将来もこの道路が環状線になることはほぼ100%ないでしょう。

ある、元総理大臣の肝いりで「伝統ある街を破壊してはいけない」との直言で

工事がストップしたという噂ですが…

タグ: デザイン, 日々雑感, 時事問題, 高島平to白山

関連する投稿

コメント数:0

コメントする
情報を保存しますか?

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.artprimo.net/2009/12/20/1830.html/trackback
リンクのないトラックバックは受信されません。
播磨坂イルミネーション from アールプリモ 文京区白山印刷グラフィックデザイン

Home > アールプリモ日誌 > 播磨坂イルミネーション

検索
Feeds
Meta
印刷のご用命はアールプリモへ

トップへ戻る