Home > アールプリモ日誌 > 梅干の絵本

梅干の絵本

12
27
2009年

091225_1424~001

図書館へ行くと絵本コーナーは特に充実していますね。

子供のうちから慣れ親しんで本好きになってくれると

将来かしこい子供になるかもしれないですw。

わたしは子供はいないのですが絵本は好きです。

(難しい本はあまり好きではないですが
「おとなむけの本」は割りと好きですw。)

絵本コーナーのお薦め本からチョイスしてめくったり

借りたりすることは多々ありますが

きつねとたぬきが和気藹々とうめぼしを作っている版画が

気に入りました、

梅干の絵本

ストーリーが別にあるわけではなくて

梅干の由来、歴史など特に梅干のつくり方に

多くがさかれています。

091225_1425~002

変わり梅干(出し入り梅干やカリカリ梅ぼし)の作り方なども載っています。

この「つくってあそぼう」シリーズは面白そうですね。

出版社が「農文協」ということですから農業=食文化という関連でしょうか。

なかなか視点が良いですね。

タグ: これはどうなっているのか?, デザイン, 日々雑感, 読書の時間

関連する投稿

コメント数:0

コメントする
情報を保存しますか?

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.artprimo.net/2009/12/27/1880.html/trackback
リンクのないトラックバックは受信されません。
梅干の絵本 from アールプリモ 文京区白山印刷グラフィックデザイン

Home > アールプリモ日誌 > 梅干の絵本

検索
Feeds
Meta
印刷のご用命はアールプリモへ

トップへ戻る