Home > アールプリモ日誌 > 電子書籍

電子書籍

01
28
2010年

iPod iPhone でおなじみのアップルが

タブレット型PCを発表しましたね。

名前はiPadというそうです。

アップル社はこういうことは世界で最初にやるので有名なのですが

本格的なものでクオリティもかなり高いものなのでしょう。

私が注目するのは電子書籍の機能ですね。

だいぶ以前から電子書籍についてはいろいろ言われていますし

既に市場に出回っているものもたくさんあります。

携帯で読める小説や漫画などいろいろあるのですが

いまいち普及に歯止めをかけているのはなぜかというと

やはりハードウェアの出来がいまひとつだからでしょう。

携帯の小さい画面で読むのは若い人はともかく

ある程度以上の年齢の人にはキビシイものがありますし

そもそも、若い人は本はあまりよみません。

ある程度の大きさの液晶画面を持つ

このiPadがどれほど読みやすい「E-Book」を推進するのか、

まだまだ分かりませんが将来的にはかなり

有望なものへと成長するはずだと思います。

現実に、岩波書店の「広辞苑」は印刷された書籍よりも

電子所書として販売されている数の方が上回っています。

これは辞書というものの性格上、検索性能が高い

電子媒体のほうが性能が上という側面があることも見逃せません。

たとえば検索語句の言葉尻だけを検索する、などという

離れ業ができるのも電子辞書の良い点です。

それと、電子辞書は軽いのです。

勉強するうえで必要な辞書を何冊も持ち歩かなくても

電子辞書ならば一個かばんに入れておけば「国語」「漢和」「英」「仏」「中」

「ことわざ辞典」や「現代用語の基礎知識」や「冠婚葬祭マナー辞典」?

「そんなの一生使わないでしょう!?」的な辞書まで入っています。

そんなわけで電子辞書はすごいツールなのですが

(まさにこの道具としての書籍という観点から「電子辞書」には勝算があったと見ています)

ただ、個人的には映像までも映せる液晶画面でなにゆえに

文字を読まなければならないのか…

そういう矛盾を抱えているのが電子書籍の宿命ではないか?、

そんな風にも思えるのですね。

もしも、

読み聞かせてくれるならば電子書籍には充分勝算があると思います!

タグ: これはどうなっているのか?, ネット社会, ビジネス, 日々雑感, 時事問題

関連する投稿

コメント数:0

コメントする
情報を保存しますか?

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.artprimo.net/2010/01/28/2058.html/trackback
リンクのないトラックバックは受信されません。
電子書籍 from アールプリモ 文京区白山印刷グラフィックデザイン

Home > アールプリモ日誌 > 電子書籍

検索
Feeds
Meta
印刷のご用命はアールプリモへ

トップへ戻る