Home > アールプリモ日誌 > 真砂中央図書館

真砂中央図書館

01
30
2010年

都営三田線を板橋本町で降りたら

そこが大和町交差点。

そこから環七通りを北区十条側へ進み

姥ヶ橋交差点を右へ。

そのまままっすぐいくと左手に埼京線十条駅

さらに進み右手に自衛隊の十条駐屯地で

そのすぐ脇に北区の中央図書館、通称レンガ図書館があります。

北区の図書館は素晴らしいのですが

ウェブ上での予約は区外の利用者は使えませんので

実際に図書館に行き、そこのOPAC予約システムを

使用する必要があります。

今週はWEBサイトを構築するご注文を頂いたので

その資料を集めるために図書館をいろいろ回ったのですが

ほかの区で借りられている書籍が北区にはあったので

土曜日まで借りられていなければ行こうと思って調べたら

まだありましたので(電話での予約も不可w)歩いていきました。

無事、借りられたのですが

もう一冊、このアールプリモのウェブサイトでも使用している

ブログソフト、WordPressの参考書を調べたくて探したのですが

今度は北区にはありません。

…図書館は区によってものすごくそろえている傾向に隔たりがあって

それもなんだか面白い魅力になっているのですが…

携帯サイトで調べてみたら文京区の中央図書館である

真砂図書館にはあるので

午後4時近かったのですが土曜日は午後5時で

文京区立図書館は閉館になるので急いで滝野川=

都営三田線の西巣鴨駅へと歩き

電車で春日駅まで。

100130-162428

春日駅は目と鼻の先に文京シビックセンター(通称ゴジラタワー)があります。

文京区役所、公会堂であるシビックホール、区議会などが入っています。

ここから本郷三丁目へと東富坂を登っていき途中を

左へ入っていくとちょうど突き当たりの炭団坂の手前右手が

真砂図書館です。

100130-163011

人生というのはままならないもので

汗を拭き吹き、急いで、電車代も払って

駆けつけると「図書整理のため25日から30日まで閉館」だそうで

仕方なく炭団坂を降りて白山へと戻ることに…

100130-163102

この炭団坂の上から見る景色はちょっと郊外的な風景です。

この下には樋口一葉旧居跡など

古い東京の景色がみられます。

100130-163308

ちょっと暗い雰囲気もある

昔ながらの路地裏の光景。

銭湯も古いスタイルが残っていて

この菊水湯はなかなか赴きがあります。

100130-163332

タグ: デザイン, 日々雑感, 時事問題, 高島平to白山

関連する投稿

コメント数:0

コメントする
情報を保存しますか?

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.artprimo.net/2010/01/30/2063.html/trackback
リンクのないトラックバックは受信されません。
真砂中央図書館 from アールプリモ 文京区白山印刷グラフィックデザイン

Home > アールプリモ日誌 > 真砂中央図書館

検索
Feeds
Meta
印刷のご用命はアールプリモへ

トップへ戻る