Home > アールプリモ日誌 > ハガキの宛名書き

ハガキの宛名書き

02
08
2010年

仲良しの印刷屋さんから宛名書きの依頼を頂きました。

オンデマンドプリントで宛名書きをお願いしていた会社に

久しぶりに電話したら不通になっていたとか。

「やはりあの値段じゃあ無理だったのかなぁ」と言ってましたが

やはり設備が高額だとかなり厳しいのかもしれません。

ウチのプリンターはインクジェットの方はあまり仕事で使うことはありませんが

いざという時にはいろいろがんばってくれています。

プリンターはそれぞれ一長一短ありますので

いろいろ総合的な目で判断して活用していくのが良いのだろうと思います。

(モノクロレーザーは白黒印刷の見本や版下作成で使用しますが

当社がカラーレーザーを導入しないのはやはりコストの面と

狭い事務所で置き場所に苦労するためです。

大量に仕事を請けた場合、やはりコストを重視して

短期リースをお願いした例が過去にあります。)

本来は筆で描いてくださる筆耕の専門家さんにお願いするのが一番だと思います。

ただし、これは時間と費用がかかります。

短納期だとオンデマンド印刷ですがインクジェットで行う場合も多いですね。

その場合汎用データベースソフトを

お客様のご要望に併せて宛名部分を組みます。

不安な点は用紙が洋2封筒という点ですね。

162mm×114mmというサイズは普通のプリンター用の

ドライバーではあまり見かけません。

ユーザー定義で用紙サイズを指定するかさもなければ

近いサイズの用紙を選んで出力しながら調整していくのが

よくあるパターンです。

この場合、シビアなプリンターだと「用紙サイズがあっていません」という

アラートが出るので困ります

それから封筒の紙の厚さもトラブルを起すポイントなので

できるだけ薄めの用紙を選んでいただくのがベストでしょう。

いずれにせよやってみないとわからない、

Try & Try & Try!!  あるのみ。

タグ: アールプリモの業務案内, オンデマンド, ビジネス, プリントアウト, 印刷

関連する投稿

コメント数:0

コメントする
情報を保存しますか?

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.artprimo.net/2010/02/08/2122.html/trackback
リンクのないトラックバックは受信されません。
ハガキの宛名書き from アールプリモ 文京区白山印刷グラフィックデザイン

Home > アールプリモ日誌 > ハガキの宛名書き

検索
Feeds
Meta
印刷のご用命はアールプリモへ

トップへ戻る