Home > アールプリモ日誌 > 図書館改革

図書館改革

03
27
2010年

文京区というのは素晴らしい自治体だと思いますね。

区長が率先して男性の育児休暇をとるのなんて

ものすごいアッピールになっています。

教育の京(みやこ)文京区…

ここでは何度もいってますけど図書館が素晴らしいんですね。

建物では北区の中央館に負けているかもしれませんが

あそこは区外の人はネットで予約できないんです。

サービスで利用者制限するのは田舎っぽいところならわかりますけど

駅ひとつ隔てれば隣の区の東京23区でこれはないだろう?と

個人的には思います。

私は板橋区民で文京区に職場があるためにこの二つの区立図書館は使えますが

途中の北区の図書館は使えないということですね。

たとえば埼玉県民で都心で仕事をする人は多いわけですが

途中のターミナル駅の近くの図書館を利用するのもありだと思うんですけど…

文京区立図書館は素晴らしいです。

私の知人で新宿の仕事場から遠回りしたり

休みの日にやってきて

文京区の図書館を利用している女性もいるぐらいです。

なにも施設が良いとかだけではなくて

運用システムや働いている職員の方も素晴らしいと思います。

知的障害のある少年が迷っていたら優しく対応していたり

資料の探し物を手伝ってくれたりといつも感謝しています。

時々カウンターで無理を言っている利用者を見ると

首をかしげてしまいます。

「私の予約した本はなぜ待たされるのか」といった類の

クレームが多いんですが

これこれしかじか、限られた予算内で本を購入していますので

購入する冊数に制限があるのでお待たせして申し訳ありません、

と職員が謝っているのに

「だったらあんたたちの給料減らして本買いなさいよ」

みたいな暴言を吐いている人がいてびっくりします。

世の中にはいろんな人がいるものだと思います

文京区はこの四月から図書館を全館業務委託するそうです。

経費を削減して利用者サービスを高めるそうです。

でもなぜかブックポストは廃止です。

明らかにサービスは後退のような気もしますが…。

タグ: ネット社会, 日々雑感, 時事問題, 読書の時間, 高島平to白山

関連する投稿

コメント数:0

コメントする
情報を保存しますか?

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.artprimo.net/2010/03/27/2389.html/trackback
リンクのないトラックバックは受信されません。
図書館改革 from アールプリモ 文京区白山印刷グラフィックデザイン

Home > アールプリモ日誌 > 図書館改革

検索
Feeds
Meta
印刷のご用命はアールプリモへ

トップへ戻る