Home > アールプリモ日誌 > 電子出版

電子出版

03
30
2010年

去年あたりはGoogleの書籍検索が問題になっていましたが

アップル社のiPadが出る今年は

電子出版元年かもしれませんね。

Amazonのキンドルも日本語版が遅かれ早かれ出るでしょう。

そうなると書籍の数十パーセントは

電子書籍として出版される、という噂があります。

現にアメリカでは新刊本が3:7(電子版3:紙の書籍7)の割合

という数字を小耳に挟んだことがあります。

もちろん私の仕事からすれば

これは喜んではいられないわけですが

かといって困った顔ばかりもしていられないのです。

時代は変わる時には変わってしまうものですから。

だいたい、うちの会社の仕事で

本屋で売ってる本を

手がけたことはあまりありませんしw

電子の本になったら

どうなっていくのか時代を考えるほうが

よほどこれからのためになります。

…あるいは一部の好事家のために

きれいな本を造り続けるとかw

タグ: ネット社会, 印刷, 日々雑感, 時事問題, 電子出版

関連する投稿

コメント数:0

コメントする
情報を保存しますか?

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.artprimo.net/2010/03/30/2402.html/trackback
リンクのないトラックバックは受信されません。
電子出版 from アールプリモ 文京区白山印刷グラフィックデザイン

Home > アールプリモ日誌 > 電子出版

検索
Feeds
Meta
印刷のご用命はアールプリモへ

トップへ戻る