Home > アールプリモ日誌 > クラウド化…

クラウド化…

04
15
2010年

今、インターネットの世の中になり

また電子書籍というものに旧来の活字文化が飲み込まれる

その曲面にあたり(ちょっと大げさですか?決してそんなことないですよねw)

あえて印刷の原点を見つめるということはそれほど無駄なことではないでしょう。

もともと印刷が技術的に高度なレベルに発展したのには

西洋において聖書を普及させる目的があったのだと思います。

そういう公的な書類を多数の人々へと届ける目的があり

王侯貴族や教会などの権威の象徴として印刷があったのでしょう。

第二の波としてはそれが産業革命の到来とともに

権威に対抗する反権力のものとして対立する書類や

更に大量消費社会の到来により商業的なマスメディアの出版、

宣伝として使われてきたということがあります。

かなりはしょりすぎて突っ込みどころ満載のここまでの流れで言えば

全ては「1対多」の関係にそれが限定していた、ということがいえるでしょう。

インターネットの社会も当初はこれとあんまり変わらないものでしたが

本当はネットはもっと双方向なもので

「多体多」を目ざすものだったのだと思います。

もっと究極は「固 対 固」みたいな。

SNSやツイッターなどが普及していく昨今

それってもう特別なものではないわけですね。

普通に日常にあるのとおなじレベルでごく自然に融合している。

今の私たちの生活を見ればよくわかります。

手紙などめったに書かなかったであろう人が

いともたやすくケータイで他人と繋がる世界が現在です。

メールやウェブでのコミュニケーションに比べれば

紙ベースの情報伝達というのは非常に面倒です。

というわけで印刷が衰退するのはごく当然なのです。

印刷の時代おしまい。

…となってしまうと見もふたもないので

紙の良いところを見直していかないとだめですね

などとお茶を濁すのですが

無駄な印刷は辞めればよいのです。

資源の無駄だし、地球温暖化対策やエコに反します。

大切なもの、必要なものだけを丁寧に印刷!

時代は変わっていくのですから

きちんと見極めていかなくては…と自戒をこめて常々思っています。

タグ: アールプリモの業務案内, デザイン, ネット社会, 印刷発注

関連する投稿

コメント数:0

コメントする
情報を保存しますか?

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.artprimo.net/2010/04/15/2472.html/trackback
リンクのないトラックバックは受信されません。
クラウド化… from アールプリモ 文京区白山印刷グラフィックデザイン

Home > アールプリモ日誌 > クラウド化…

検索
Feeds
Meta
印刷のご用命はアールプリモへ

トップへ戻る