Home > アールプリモ日誌 > ニリンソウ

ニリンソウ

04
17
2010年

高島平ではニリンソウの季節です。

赤塚公園の大門地区というところ。

高速道路、5号高島平線の脇であと少しで埼玉県の和光市。

緑地帯と丘陵地帯で丘の上は住宅地です。

丘陵部分は鬱蒼とした森のようになっています。

その一番下の部分が立ち入り禁止の柵が立てられ

ニリンソウの自生地です。

恐らくそれと知らずに見たら雑草?と思われるような

はたまたクローバー畑のような一面のみどりです。

そのふわふわとした草の間に顔を出す白い小さな花がニリンソウ。

一本の茎から二輪ずつ咲くからこうよばれています。

演歌のタイトルにでもなりそうだなぁと思っていたら

本当にそういう歌がありました。

まだ聞いたことはないのですが川中美幸さんが歌っているそうですw

板橋区の花にもなっていますが

こんな地味な花を区の花にする板橋はそうとう変わり者、いや

センスが良いなぁと思います。

なにしろここが東京都内では最大の時生地だそうです。

それだけ東京に自然が無く、またここだけは手付かずの自然が

残っているということなのかと…

実際はニリンソウが生えるためには林が欠かせず、

この林を管理する人がいないとニリンソウは保護できないそうです。

タグ: 時事問題, 高島平to白山

関連する投稿

コメント数:0

コメントする
情報を保存しますか?

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.artprimo.net/2010/04/17/2481.html/trackback
リンクのないトラックバックは受信されません。
ニリンソウ from アールプリモ 文京区白山印刷グラフィックデザイン

Home > アールプリモ日誌 > ニリンソウ

検索
Feeds
Meta
印刷のご用命はアールプリモへ

トップへ戻る