Home > アールプリモ日誌 > 盗作?一転承諾

盗作?一転承諾

04
20
2010年

上海万博のキャンペーンソングとして発表された曲が

岡本真夜のヒット曲「そのままの君でいて」に酷似していた問題で

中国当局はこの楽曲の使用を停止しましたが

翌日、アーティスト側に連絡をとり楽曲使用の許可を求め

快く了承された、

というニュースを今朝見ました。

なるほど、この曲はよく似ていましたね。

いわゆるパクリ、剽窃の問題というのは

古今枚挙にいとまが無いですが

文学作品や論文などは比較的はっきりすると思いますが

他の分野ではかなり微妙で難しいのではないでしょうか?

音楽の世界だとメロディが似ているということで

数年前に服部克久と小林亜星の間で裁判が行われ

服部側が敗訴、楽曲自体がなかったことになりましたが

(記念樹事件)

両名ともほのぼのとした音楽作りを得意としていた人なので

なんとなく似てきてもしょうがないようなそんな気がしました。

こんどの上海万博もなんとなくメロディが素直で

すんなりと出てきそうな気もします。

(もしそうだとしたらどっちが先にそれを作るか、が問題なのでしょう。)

デザインの世界ではもっと露骨なパクリがありそうですが

さまざまに影響を受けあってものづくりは進むものだし

なかなか難しいですね。

タグ: ソフトウェア, デザイン, ネット社会, 時事問題

関連する投稿

コメント数:0

コメントする
情報を保存しますか?

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.artprimo.net/2010/04/20/2497.html/trackback
リンクのないトラックバックは受信されません。
盗作?一転承諾 from アールプリモ 文京区白山印刷グラフィックデザイン

Home > アールプリモ日誌 > 盗作?一転承諾

検索
Feeds
Meta
印刷のご用命はアールプリモへ

トップへ戻る