Home > アールプリモ日誌 > 空気を読むな本を読め

空気を読むな本を読め

04
21
2010年

子飼弾著「空気を読むな、本を読め。」

この人の書評サイトはものすごく人気がありますね。

404 Blog Not Found

とにかく本を読むスピードが早いらしいですが

今はやりのフォトリーディングとは違うようです。

ノンフィクション系などは目次を先に読んで

ついで必要なところをじっくり目を通す…

というようなことですから

仕事に必要な本の読み方としては重要でしょう。

私は本を読むのが遅いんです ( _ _ ;)。

まぁ何をやらしても遅い、要領の悪い人、それが私なのですが

今のような時代にはダンコーガイのようなスピードが必要とされるのでしょう。

見習いたいところです。

ところで

ダンコーガイ氏は電子書籍について

「紙の書籍は90%はなくなるでしょう」と予言していらっしゃいます。

彼がひきあいに出す例として

ポケベルは無くなったが

ファックスは無くならなかった。

つまり、他で完全に代用できるものはなくなるが

重要な機能が残っていれば生き残る、という意味です。

紙の本の良いところ、というのは

紙それ自体が読書する装置である、という言い方も

よく言われます。

あと紙の特性として書き込める、とか

それから切って使える(多少邪道ですが)ということも

あると思います。

私などは天邪鬼なので

「紙の本は最後には燃やして暖房になる!」などと

冗談めかして言っているのですが

冗談抜きで紙はリサイクルできますので

実は環境には優しい、ということになります。

もっとも電子書籍の時代になれば

機械そのものはリサイクルにおいて問題がでても

ソフトウェア自体はほぼCO2ゼロになるという

素晴らしいエコ商品になると思うのですが…

タグ: デザイン, ネット社会, 時事問題, 読書の時間, 電子出版

関連する投稿

コメント数:0

コメントする
情報を保存しますか?

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.artprimo.net/2010/04/21/2510.html/trackback
リンクのないトラックバックは受信されません。
空気を読むな本を読め from アールプリモ 文京区白山印刷グラフィックデザイン

Home > アールプリモ日誌 > 空気を読むな本を読め

検索
Feeds
Meta
印刷のご用命はアールプリモへ

トップへ戻る