Home > アールプリモ日誌 > 小日向のトンネル

小日向のトンネル

05
30
2010年

早稲田の辺りからウォーキングして白山へ来るときに

文京区の水道あたりから小日向を経由して

春日通、小石川、白山へと至るルートを通りますが

このトンネルは小日向にあります。

なんのトンネル化といえばその上を

東京メトロ丸の内線が通っている…

え、地下鉄の下のトンネル?

そう、丸の内線は開削工法=露天掘り、つまり上から道を掘って

できた溝に線路をしいて作ったために比較的低深度、

浅い部分に線路を通していますので

場所によっては高い部分に線路が出てきてしまうわけです。

銀座線の渋谷駅がデパートの4階あたりにあるのと同じ状態。

丸の内線のうち後楽園駅~茗荷谷駅の間はほとんどが地上路線となりますが

途中で小石川車両基地という場所があり

整備のために広大な土地に電車がずらりと並んでいます。

ちょうどそんな辺りでこのトンネルの右手が車両基地になります。

このトンネルをくぐった先は右手が急な坂、というより階段となり

左はまた別なトンネルとなります。

友達に言わせるとこの坂のことを「切支丹坂」と言っていますが

もうちょっと確認する必要がありそうです。

階段を上っていくと立て札に「庚申坂」と表記されています。

上がりきったところはすぐ右側が茗台中学校、

目の前を横切るのが幹線道路のひとつ、春日通り。

スーパーの三徳が左向こう側にあります。

夕べ、ここを通ると坂の途中で猫がおり

のぼりきったところは猫の天国状態でした。

すごく静かでちょっと時代に取り残された観があります。

タグ: デザイン, 日々雑感, 高島平to白山

関連する投稿

コメント数:0

コメントする
情報を保存しますか?

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.artprimo.net/2010/05/30/2750.html/trackback
リンクのないトラックバックは受信されません。
小日向のトンネル from アールプリモ 文京区白山印刷グラフィックデザイン

Home > アールプリモ日誌 > 小日向のトンネル

検索
Feeds
Meta
印刷のご用命はアールプリモへ

トップへ戻る