Home > 携帯から投稿 > 馴染みのある風景

馴染みのある風景

06
23
2010年
100623-230057.jpg

地下鉄の駅…

どれも同じという人も多いのでしょう。

確かに景色も見えないですし

それはその通りなのでしょう。

でも、よくみればどれも違っていて

どれひとつとして同じ駅はないんですね。

白山駅だと線路に沿って

緩やかに描く蛍光灯のカーブが

私にとって目に馴染んだフォルムなのです。

ずっと通ってきた駅のカタチです。

さらにそれは常に目に見えないスピードで

ゆっくりと変化してきたのです。

新型車両が赤青二本線になり

ホームドアが設けられ

以前の終点、田町から延伸して

東急の電車が入ってきて

エレベーターが設置され…

そして学校が多いこの周りですから

この駅を利用する顔ぶれも

卒業し、入学し、

常に変化し続けるのでしょう。

日常

関連する投稿

コメント数:0

コメントする
情報を保存しますか?

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.artprimo.net/2010/06/23/2840.html/trackback
リンクのないトラックバックは受信されません。
馴染みのある風景 from アールプリモ 文京区白山印刷グラフィックデザイン

Home > 携帯から投稿 > 馴染みのある風景

検索
Feeds
Meta
印刷のご用命はアールプリモへ

トップへ戻る