Home > アールプリモ日誌 > 偽金

偽金

08
13
2010年

偽金を作りました。

(別ににせさつを印刷したわけではありませんよw!)

印刷の仕事していると

「ここを金で印刷したいんですが…」

的な注文がたまにあります。

もちろん印刷でも、金色を印刷できますけど

金の印刷は(特殊なインクは)高い割りに効果的ではないんですね。

ちょっと出来上がりが鈍い光なのです。

(一番キラキラとしてきれいな金は箔押しですがこれはもっと高いですよ。
本物の金を使っていますから。)

特にカラー印刷が主流の時代になってから

金の特色の印刷はちょっとおすすめできないかな…という感じです。

例えば宝石の広告…あれも金のインクつかっているわけでも

箔押ししているわけでもないのにカラー印刷で

「金」を表現できているわけです。

今日、仕事で作った「偽金」はこの「偽の金色」

これを自分はイミテーションゴールドと呼んでいます。

(山口百恵ファンなら歌うところです♪)

赤地に一部分金のオブジェクトを配置するわけです。

この色味はC30 M30 Y100 K0 という配合です。

ものによってはもうちょっと赤と青の色味を増やすのも悪くないです。

今回はカラーレーザー出力で出したものを納品するという仕事でしたので

ちょっと一工夫して金部分にノイズを入れたものも作ってみました。

実際の機械で出してみてどっちがクライアントの気に入るかと

比べてみたらやはりノイズ入りが評判が良かったそうです。

イミテーションゴールドを使う場合には他の色との兼ね合いで

いろいろな表現があってケースバイケースですね。

もっと細い金文字などの場合は

グラデーションで金を表現することも多いです。

タグ: アールプリモの業務案内, デザイン, プリントアウト

関連する投稿

コメント数:0

コメントする
情報を保存しますか?

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.artprimo.net/2010/08/13/3338.html/trackback
リンクのないトラックバックは受信されません。
偽金 from アールプリモ 文京区白山印刷グラフィックデザイン

Home > アールプリモ日誌 > 偽金

検索
Feeds
Meta
印刷のご用命はアールプリモへ

トップへ戻る