Home > アールプリモ日誌 > 数字のいろいろ

数字のいろいろ

09
08
2010年

雨が降ったので今日は楽でしたね。

ほっとしました。
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
とある書籍のレイアウト作業をしていたのですが

頭を悩ませるのが数字の書き方。

例えば
「1956年11月3日」
という数字と漢字の混在した文章を縦書きで表す場合。

編集の方針としてどうするのかが決まっていない場合
(本来は決めておかないといけません。)
かなり頭を悩ませます。
全部漢字にしちゃうと
「一九五六年十一月三日」
ということになって一文字、一マスということで
しっくりと収まるのですが

なかなかそういうわけにもいかないのです。
そもそも著者はそう書いてないわけですから。

今回の場合は
「1956」の部分は全角のアラビア数字
「11」の部分(2桁の数字)は半角のアラビア数字
「3」はまた全角のアラビア数字
という風に組んで
最後に「11」だけを
くるっと90度回転させています。

この二桁の数字だけを回転させるやりかたを
「縦中横」と言います。
縦書き特有だと思います。
写植時代は二桁で一文字の書体が
用意されていたりもしました。

欧文、邦文、数字と、いろいろな文字が混在する
日本語の組版ならではのノウハウですね。

タグ: アールプリモの業務案内, デザイン, 印刷

関連する投稿

コメント数:0

コメントする
情報を保存しますか?

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.artprimo.net/2010/09/08/3447.html/trackback
リンクのないトラックバックは受信されません。
数字のいろいろ from アールプリモ 文京区白山印刷グラフィックデザイン

Home > アールプリモ日誌 > 数字のいろいろ

検索
Feeds
Meta
印刷のご用命はアールプリモへ

トップへ戻る