Home > アールプリモ日誌 > 色抜き。

色抜き。

09
10
2010年

カラーの原稿を白黒に…

印刷の現場での仕事で特にページものなどは

以前にくらべて格段に増えたとはいえ

依然として白黒の印刷も常に利用されています。

ところが原稿をパソコンで作ると

白黒専用のグラフィックソフトやオフィスソフトがあるわけでもなく

カラフルで美しい見た目のイラストだとか

グラフなどが問題になることが多々あります。

そこで、アールプリモで白黒の原稿にリメイクしてくれないか、

という依頼が結構あります。

先ずは入稿されたカラーの画像を検証。

例として取り上げたこのグラフィックは色が薄いので

文字部分を活かすとなると

色を飛ばして

線画の白黒画像を作って

新たにカラー部分を白黒で置き換える必要がありますね。

でもやってみるといろいろと問題が出てくるもので…

かなり解像度が低いようでこういう画像は白黒にすると

文字の周りにモザイクが目立ちます。

ということは…

仕方が無いので文字も打つことになります。

結局納品されたデータは最初に頂いた下絵をトレースしたような

格好になります。

でも白黒の印刷においてはこういう版下データが最適なんですね。

めんどうですがこうした細々とした作業の積み重ねが

美しい印刷物の仕上がりに繋がります。

がんばろう!w

タグ: アールプリモの業務案内, ソフトウェア, デザイン

関連する投稿

コメント数:2

10-09-11 (土) 18:04

人には見えない細かい気配りの作業が、最終的には大きな違いをもたらしますよね。
どんな仕事にでもいえることで、表向きには気づかれない作業が多いのも常です。
でも、それが仕事人としてなすべきことでもあるんですよね。

アールプリモはいい仕事をされていると思います!
その調子でがんばってくださいまし。応援します。

泉川 10-09-11 (土) 23:22

鴨さま!
ありがとうございます。

そうなんですよぉ~
「神は細部に宿る」なんちゃってw

実際のところは経験をつめばつむほど
仕事の量が増えてくる部分があって大変ですが
そのぶん要領がよくなって手際も良くなっていますね。
もちろん手抜きも上手くなっているのでしょうww

まぁできるところまでがんばってみます!

コメントする
情報を保存しますか?

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.artprimo.net/2010/09/10/3464.html/trackback
リンクのないトラックバックは受信されません。
色抜き。 from アールプリモ 文京区白山印刷グラフィックデザイン

Home > アールプリモ日誌 > 色抜き。

検索
Feeds
Meta
印刷のご用命はアールプリモへ

トップへ戻る