Home > アールプリモ日誌 > ジャリコ

ジャリコ

09
15
2010年

これぞニッポンのスパゲティ。

有楽町ジャポネのジャリコ(並)550円。

それにしても

この銀座INZ…

高速道路の高架下に位置するんですが

有楽町の絶好のロケーションにあって

以前CDショップ、HMVがあって

HMVは数寄屋橋、銀座モザイク阪急にもありましたが

そちらもともに閉店。

銀座には主だったCDを取り扱うお店は消えた?んでしょうか。

でもこの傾向は別に銀座だけじゃないですね。

渋谷も池袋も…

つまりは音楽を収める「パッケージ」としてCDは

終了したと見てよさそうですね。

いや

店舗が終了しただけで

クリス・アンダーソンの「ロングテール」に書かれているように

今までの在庫数を凌駕するバーチャル店舗(amazonなど)

の出現によってそれらは意味が無くなったとみるべきでしょう。

でも店舗の消滅は文化の消滅でもあります。

お気に入りの一枚とお店で出会うという喜びは

記憶の中でだけで語られることでしょう。

タグ: デザイン, ネット社会, ビジネス, 日々雑感

関連する投稿

コメント数:0

コメントする
情報を保存しますか?

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.artprimo.net/2010/09/15/3495.html/trackback
リンクのないトラックバックは受信されません。
ジャリコ from アールプリモ 文京区白山印刷グラフィックデザイン

Home > アールプリモ日誌 > ジャリコ

検索
Feeds
Meta
印刷のご用命はアールプリモへ

トップへ戻る