Home > アールプリモ日誌 > 下町

下町

09
30
2010年

台東区谷中といえば

下町の中の下町、という感じなのですが

なにしろ東京の中でも有数の「町おこし」に

成功した町ですが

そこのはずれにある銭湯(谷中三丁目)へ行こうかと

向かったのですがなんと「都合によりしばらく休業」の張り紙が…

あぁこれはいやな雰囲気だなぁ…と思ったのですが

気を取り直して三崎坂(さんさきざかと読みます)の銭湯

朝日湯へ。

ここはきれいな銭湯で有線でジャズが流れていて

お店のご主人の想いが伝わるような店づくりですね。

そういえばこの辺り、

谷中、根津、千駄木を略して「谷根千=やねせん」と言いますが

普段着の町ではありますが

どうにもオシャレなイメージがあるんですね。

すばらしいですよ。この辺は。

タグ: デザイン, 日々雑感

関連する投稿

コメント数:2

10-10-01 (金) 19:53

なんだか久しぶりの銭湯話?(笑)
いいですねぇ・・・今回は写真がなくてちょっと残念だけど・・・
文字を追いかけながら、頭に描くのもまた楽しいです・・・

ジャズを聴きながら銭湯?
ほんとだ・・・普段着でおしゃれな・・・

お風呂は満喫できました?
雨もそこそこでおさまってくれるようにお祈りしてます!

泉川 10-10-02 (土) 21:40

鴨さま!
こんにちは。
写真とったんですが暗くて心霊写真になってると怖いのでw
下町のジャズの流れる銭湯は
根津のバーに行くときとか上野から帰ってくるとき
よく入らせてもらっているんですが
町全体が非常に落ち着いていてなおかつ
活気があふれていていろいろと刺激になります。

コメントする
情報を保存しますか?

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.artprimo.net/2010/09/30/3548.html/trackback
リンクのないトラックバックは受信されません。
下町 from アールプリモ 文京区白山印刷グラフィックデザイン

Home > アールプリモ日誌 > 下町

検索
Feeds
Meta
印刷のご用命はアールプリモへ

トップへ戻る