Home > アールプリモ日誌 > 本郷三丁目

本郷三丁目

12
07
2010年

今日は午後、というかほぼ夕方にお客様のところへ。

本郷界隈ですと

三田線(あるいは文京バスび~ぐる)で

白山から春日まで行ってそこから本郷三丁目というラインが

鉄道のコースですが

私の場合は歩いて歩いて。

以前、真砂体育館のプールまで泳ぎに行っていましたから

ちょうど東大の構内は通り道でした。

研究室をお訪ねしたのですが

古い西洋建築が今も現役で利用されているところが

素晴らしいですね。

…………
本郷にはほかにも
中央会堂というキリスト教会も古い建物で

宮城道雄というお正月に良く流れる
「春の海」♪タンタラタラリラリン、ひゃラ~
という曲を作った有名な筝曲の作曲、演奏家が
自分の曲で「リサイタル」を始めて行ったのがここだそうです。
当時、大正の半頃、
音楽の演奏をする場所、たくさんのオーディエンスを集める場所が
ここと上野の奏楽堂しかなかったといいます。
ちなみに日本的情緒を代表すると日本人に(半ばギャグとして)
認識されている宮城道雄の楽曲ですが
初演当時は「西洋音楽の亜流」と酷評されていたそうです。
時代が変われば人の視点も変わるのですね。

…………………………………………………

この本郷三丁目の交差点には
「本郷もかねやすまでは江戸のうち」とよばれた
かねやすというお店があり
江戸時代はここまでが江戸でここから先は
江戸ではなかったそうですが
宮城道雄が演奏会をしたのと同じ時代、
作家の宇野千代がウェイトレスとして働き
有名な作家たちと知り合ったレストランがあった場所が
菊坂通りの入り口、
今パチンコ屋さんの入っているビルになっています。
と、
いうふうに見てみると
ひとつの文化の中心地ですね。

日常

関連する投稿

コメント数:0

コメントする
情報を保存しますか?

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.artprimo.net/2010/12/07/3794.html/trackback
リンクのないトラックバックは受信されません。
本郷三丁目 from アールプリモ 文京区白山印刷グラフィックデザイン

Home > アールプリモ日誌 > 本郷三丁目

検索
Feeds
Meta
印刷のご用命はアールプリモへ

トップへ戻る