Home > アールプリモ日誌 > ひとりさん

ひとりさん

12
13
2010年

テレビで活躍している「劇団ひとり」は作家でもあり
デビュー作「陰日向に咲く」はベストセラーになり映画にもなりましたが
陰日向に咲く (幻冬舎文庫)

次の作品が
「青天の霹靂」としてリリースされています。

「陰日向…」は「あ、すごいひとだなw」と思わせるだけの
よくできていて読ませる小説だっただけに次にどんな作品を書いてくれるのか、
期待と不安半分ずつでしたが…
なかなか良い作品だと思います。

やや、似通っている部分もありますが
群像劇であり分裂した人格を演じる「劇団ひとり」そのままの
小説だった前作にくらべて
より、等身大の自分に近いと思わせる設定。

売れないマジシャンである轟晴夫のどうしようもない日常から
まさに、青天の霹靂の突発的事故!
すいすいと読ませるエンターテイメント小説です。

残念な点は前作に比べると「奇跡」を取り入れたために
お話が弱くなっているような気がするところです。
でも、かえってファンタジー小説としての側面が出て
女性などには受けるかもしれません。

彼の作品の特徴的な点はいきいきとした人物描写ではないでしょうか?
パフォーマー、脚本家としての側面が作家としても
如何なく発揮されて面目躍如。
彼は天才だと思います。

日常

関連する投稿

コメント数:0

コメントする
情報を保存しますか?

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.artprimo.net/2010/12/13/3828.html/trackback
リンクのないトラックバックは受信されません。
ひとりさん from アールプリモ 文京区白山印刷グラフィックデザイン

Home > アールプリモ日誌 > ひとりさん

検索
Feeds
Meta
印刷のご用命はアールプリモへ

トップへ戻る