Home > アールプリモ日誌 > 今年を振返ってみて

今年を振返ってみて

12
28
2010年

もう今年のことを振返ってみる季節ですね。

今年の最初の方は電子出版が話題になると思っていましたが

話題にはなりましたがついぞその形が姿を現すことはなかったようです。

いや、実際はもう始まっているのですがそれに気付いていないのでしょう。

それは出版社や書き手の側からしかモノを見ていないからで

読み手の側からみればいろいろなチョイスがあって当然なわけです。

「便利なら良いんだ」、とか「いや紙で読むほうが好きだ」、とか…

自分の過去の書籍をPDFの形でどんどん売っている作家の方もいらっしゃるし

有料のメルマガという形で読者から直接料金を徴収している書き手も存在しています。

そもそも世の中に氾濫するブログや掲示板もそれ自体「電子出版」なんではないか…

私自身はそんなふうに考えが変わりつつある今現在です。

結局、中身が大切なのであってそのスタイル(媒体の形)が

流動化していくのだと思います。

だから印刷業のあり方もこれからどんどん変わっていくのでしょう。

デザインということに関してはデジタルサイネージの動画など

紙ではないものがこれからもどんどん増えていくのだと思います。

出版不況といわれているのですが

雑誌の廃刊が相次いだり

中小の出版社の破綻、

大手の出版社のリストラなど今年も続きましたが

その中身は「広告」の位置づけという点でも注目されます。

雑誌は広告をたくさんとってその収入がシステムとして組み入れられたビジネスですが

肝心の広告が雑誌媒体からそっぽを向き始めています。

雑誌だけではなくテレビも新聞も、

ようするに今までのメディアが独占していた広告を入れる器がひびわれています。

広告だけではなく売り方そのものも変化してきています。

お店のあり方、ビジネスの常識が揺らいでいる

そんな気がしています。

いや、私の頭がずいぶんと遅れているだけで

そんなのは分かっている人はずーっと先の方が見えているんですね。

そういうことを思い知らされた1年でした。

もっと気付くことが大切、

来年はそういう年にしたいと思っています。

タグ: これはどうなっているのか?, デザイン, ネット社会, ビジネス, 日々雑感

関連する投稿

コメント数:0

コメントする
情報を保存しますか?

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.artprimo.net/2010/12/28/3892.html/trackback
リンクのないトラックバックは受信されません。
今年を振返ってみて from アールプリモ 文京区白山印刷グラフィックデザイン

Home > アールプリモ日誌 > 今年を振返ってみて

検索
Feeds
Meta
印刷のご用命はアールプリモへ

トップへ戻る