Home > アールプリモ日誌 > 庭園美術館

庭園美術館

01
09
2011年

東京都庭園美術館は昭和初期に

旧朝香宮邸として建てられ何度か持ち主が変わり

現在東京都立の美術館となっています。

建築デザインの隅々にアールデコ様式が徹底されていて

展示される美術品とともに展示されている空間そのものの魅力に

思わず引き込まれる美術館です。

年に一度か二度、建物そのものを鑑賞する機会があります。

今回朝香宮のグランドツアーとして

1920年代のパリの空気をいっぱい感じた東洋の島国のプリンス夫妻の

あれやこれやが展示、

写真が撮影可能な箇所もありますので

普段美術館の展示場のため撮影できないフラストレーションの解消になりました。

アールデコというのは工業デザイン、建築デザイン
そして
印刷物のデザインにおいても非常に重要な
通過点です。

宮殿…贅を尽くしたお城には違いないのですが
その目指す先には
1970年日本万博におけるスローガン
「進歩と調和」
と同じような理想主義が見え隠れしています。

タグ: デザイン

関連する投稿

コメント数:0

コメントする
情報を保存しますか?

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.artprimo.net/2011/01/09/3930.html/trackback
リンクのないトラックバックは受信されません。
庭園美術館 from アールプリモ 文京区白山印刷グラフィックデザイン

Home > アールプリモ日誌 > 庭園美術館

検索
Feeds
Meta
印刷のご用命はアールプリモへ

トップへ戻る