Home > アールプリモ日誌 > 三遊亭白鳥

三遊亭白鳥

01
27
2011年

落語が好きで図書館でCDを借りると
音楽よりも落語のほうが多かったりするのですが…

昔の名人の志ん生、彦六、円生なども良いのですが
新作落語にも興味があります。

新作落語というといろいろいらっしゃいますが
江戸前の落語の世界では春風亭昇太が人気者ですが
落語協会では円生の弟子、三遊亭円丈が有名なのですが
そのまた弟子で三遊亭白鳥という落語家がいて
今いちばんノッテイルらしくて非常に面白いです。

この「真夜中の襲名披露」という話は
昨今、落語の世界でよく聞かれる「名人の世襲」
に対しての皮肉が入っているようでw
ついつい何度も聞いてしまいます。

タグ: 日々雑感

関連する投稿

コメント数:0

コメントする
情報を保存しますか?

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.artprimo.net/2011/01/27/4004.html/trackback
リンクのないトラックバックは受信されません。
三遊亭白鳥 from アールプリモ 文京区白山印刷グラフィックデザイン

Home > アールプリモ日誌 > 三遊亭白鳥

検索
Feeds
Meta
印刷のご用命はアールプリモへ

トップへ戻る