Home > 携帯から投稿 > シュルレアリズム

シュルレアリズム

02
27
2011年
110227-180114r.jpg

六本木の新国立美術館にて。

ポンピドゥーセンターの
コレクションです。

以前ダリ展にいったときも
すごい人でしたが
予想通り近代現代美術は
若い人に大人気ですね。

今回は有名な作品は
それほど出ていないのですが
かえって幅広く
シュルレアリズムの世界の
多彩な面に触れられたように
思います。

アンドレ・マッソンなど
どっちかというと
あまり有名ではない画家や
ウ゛ィクトル・ブローネルなど
浅学にしてはじめて名前を知った
画家の作品に触れられて
とても刺激になりました。

夢のようなイメージの中に
浮かぶ人間の本音、
そんな印象を持った
展覧会でした。

ところで、
たくさんの
絵画、オブジェ、映像作品に
まじってアンドレ・ブルトンの
シュルレアリズム宣言をはじめ
歴史的に価値のある
たくさんの書籍、
パンフレットの類も
展示されています。

シンプルではありますが
美しいデザインに
触れられるこれらにも
注目したいところ。
レタリングや
古い時代の荒い写真製版や
活版印刷、
時代的には20〜40年代の
デザインが新鮮だったりします。

日常

関連する投稿

コメント数:0

コメントする
情報を保存しますか?

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.artprimo.net/2011/02/27/4141.html/trackback
リンクのないトラックバックは受信されません。
シュルレアリズム from アールプリモ 文京区白山印刷グラフィックデザイン

Home > 携帯から投稿 > シュルレアリズム

検索
Feeds
Meta
印刷のご用命はアールプリモへ

トップへ戻る