Home > アールプリモ日誌 > 印刷博物館→千石まで

印刷博物館→千石まで

08
06
2011年

印刷博物館でやってるグラフィックトライアル2011

祖父江慎の試みは楽しくてすばらしい。

印刷は今やコモディティ化しちゃっているという前提での仕事で

いつも装丁の世界で冒険をしつづけている彼にとっては

これも日常の延長なのかもしれません。

カレー粉やコーヒーで印刷しちゃうのもスゴイ!

有名なグラフィックデザイナーのSさんのブースは

あまり面白くないというか、意味がわかんないというか、

校正用印刷機で「定量化」「数値化」して基準値を見出しても

本印刷とのズレに悩むことになると思うのですが…

100回重ね刷りするとバーコ印刷になるというのは面白い発見でした。

確かに印刷インクというのは樹脂で染料を練ったものですから

固まるとプラスチック状になるんですよね。

印刷インクの缶の中でカチカチになっている表面の幕を捨てて

柔らかい部分を練って使っているのを見たことがあります。

印刷博物館を出て


小日向→

播磨坂→


簸川神社→

千石…

とウォーキング。

曇り空にポツポツと雨が降り出し、

もしかしてゲリラ豪雨か!?

かけこむように千石図書館へ逃げ込む。

出てきたらゲリラ豪雨は無かったらしく

ひまわりが庭に咲いているのでした。

日常

関連する投稿

コメント数:0

コメントする
情報を保存しますか?

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.artprimo.net/2011/08/06/4550.html/trackback
リンクのないトラックバックは受信されません。
印刷博物館→千石まで from アールプリモ 文京区白山印刷グラフィックデザイン

Home > アールプリモ日誌 > 印刷博物館→千石まで

検索
Feeds
Meta
印刷のご用命はアールプリモへ

トップへ戻る