Home > アールプリモ 業務のごあんない | さまざまな印刷後加工 > 穴あけ

穴あけ

  • 2009-08-05 (水) 13:26

穴あけ【あなあけ】

穴開け加工は主にファイリングなど紙の保存性を高めるために行うものです。

2穴

一番よく使われるのがみなさんよくご存知の2穴(にけつ)穴開け。

どこのオフィスにでも見かけるパンチ穴のことで

80mmの間隔をあけて直径6mmの穴を開ける加工です。

これには横位置に開ける場合と天位置に開ける場合とがあります。

主に帳票・伝票など記録的用途に使われているものです。

他にもA4の便箋、レターペーパーなどにも使用されることもあります。





ドンコ穴あけ

ルーズリーフ用に開ける穴です。
それぞれ規格が決まっておりフォルダーにあわせて穴あけ加工いたします。
大判のB4の場合36穴となります。

ルーズリーフの良い点は途中で差し替えや
追加が可能なことです。(頻繁に更新されるマニュアルなどへの応用も考えられます。)
急に事案が追加になったときにその部分へ
リフィルを差し込むことでページを増やすことができます。
この辺りが現代という時代にあっているのか
ルーズリーフシステムの手帳がビジネスマンに愛される秘密なのかもしれません。

日常

関連する投稿

コメント数:0

コメントする
情報を保存しますか?

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.artprimo.net/work/process/anaake.html/trackback
リンクのないトラックバックは受信されません。
穴あけ from アールプリモ 文京区白山印刷グラフィックデザイン

Home > アールプリモ 業務のごあんない | さまざまな印刷後加工 > 穴あけ

検索
Feeds
Meta
印刷のご用命はアールプリモへ

トップへ戻る