ホーム > タグ > ビジネス

ビジネス

節電商品

高島平にはスーパーマーケットがたくさんありますが

団地から少し離れたところ…

ここは食料品を中心とした東急ストア

他にホームセンターのケーヨーD2があります。

このホームセンターに

「節電」と書かれたコーナーがありました。

LED電球などはよくわかりますが

なんで洗濯洗剤まで「節電」?

と思ったら一度のすすぎでキレイになる、

ということのようです。

いろいろとあるんですね。

タグ: デザイン, ビジネス, 時事問題, 高島平to白山

関連する投稿

レトロ印刷

以前から注目しているんですが
大阪にあるレトロ印刷JAMさんというお店は
非常にユニークでセンスが良いですね。

デジタル孔版印刷機っていうのは
ようするに
「リソグラフ」なのですが
スピードを売りにせずに
色味・風合・おもしろさを
売りにしているんですね。
(以前のリソグラフは版下を用意してそれを印刷する機械でしたが
 今はPCからデータを送って印刷できます。
 だからデジタルということですね。)

孔版印刷の仕組みはオフセットよりも
網点が粗かったり
若干ノイズが出たりするんですが
それを逆手にとって
新しい表現に結び付けているんですね。
と、いうのも
昔の印刷…
ロシアアバンギャルドや
構成主義のポスター、
それから
50年代のジャズのレコードジャケット。

こういうデザインは
カラー製版技術が確立される前のもので
少ない色数を使って
非常に強く網膜に印象付ける
デザイン本来の力に溢れているわけです。

レトロ印刷に
感度の良いお客さん、デザイナーが
魅了されている…

カラープリンターによる印刷物が溢れている中で
遭えて風穴をあける表現です。

古くからある活版印刷もそうですが
「新しい技術がでてきたら古いものはもういらない」
と思われがちですが
新しい表現に慣れてしまって
見落とされているもののなかに
キラリと光るものが紛れ込んでいたりするんですね。

タグ: デザイン, ビジネス, 日々雑感

関連する投稿

印画紙あれこれ。

印刷の世界では「印画紙」というのを最近、あまり使わなくなりました。

でも、いまだに「印画紙入稿」の手段で運ばれてくる原稿もあります。

代表的なものは広告原稿です。

軽オフ印刷で行う機関紙、小冊子などに入る広告、

これを印画紙で入稿することはしばしば行われます。

デジタルデータと違って

容易に改変されずに厳密に「もの」として管理できる…

そういうメリットもあるのかもしれません。

この印画紙は印刷で言うところの「ドット」(または「網点」」【あみてん】ともいいます)

が入っていてそのまま製版処理されて印刷できるものです。

手元に新聞があれば白黒のページの広告欄を

すごく近くで見てみればこの網点が理解できます。

ドットの大きさで色の濃淡を出す仕組みです。

この印刷で使う「印画紙」と違う印画紙もあります。

写真の印画紙です。

表面がゼラチン質に包まれた紙…、これが写真の世界の印画紙です。

こちらもデジタルカメラとカラープリンターに押されてちょっと消えかかっていますね。


先日、ネットでアールプリモの情報をごらんになって

お問合せくださったお客様がいらっしゃって

そのお客様のやりたいことはカラー写真のデータを白黒で出力したい…

ということのようでした。

お客様の使われているインクジェットプリンターだと

色が偏ってしまって赤みがかったり、青みがかったり、

真っ黒なイメージが出てこなかったそうです。

うちのインクジェットプリンターにも残念ながら便利な白黒モードがない機種ですので

お客様のご期待に沿えず申し訳なかったのですが

その後、自分でいろいろやり方を考えてみているのですが

ひとつはフォトショップで白黒…この場合はグレースケールに変換し

写真屋さんのセルフプリンターやコンビニの写真プリンターを使用する方法です。

あのプリンターは熱昇華型プリンターだと思うのですが

かなり発色が良いので色の特性さえマスターすれば

面白い使いかたができるのではないか?いう気がしますね。

タグ: これはどうなっているのか?, アールプリモの業務案内, デザイン, ビジネス

関連する投稿

変化のスピード

毎年一回つくるテキストを作らせていただいているお客様…

先月末にご注文依頼を頂戴して会社にお伺いしたのですが

今日、出来上がった校正をお持ちしたら

なんと担当者の方が先月末で退職なさったとか。

その時にほんのちょっと、ごくごく世間話的に景気の話をして

「やはり厳しい状況ですか?うちもなんですよ(;^_^)」

などと言っていたのですが…

時代はめまぐるしく変化しているんですね。

いつまでも今の状況でいられるわけではない、と

つくづく感じます。

また、一瞬一瞬を大切にして生きないとだめだとも思います。

タグ: ビジネス, 日々雑感

関連する投稿

マクドナルド

最近マクドナルドのハンバーガーを食べたのですが
プレミアム戦略というのでしょうか、
昔よりも美味しいんですね。
高いですがw

日本のマクドナルドは
創業した伝説的な経営者
藤田田氏がさまざまな言葉を残していますが
「味ではなく、場所を貸す感覚」
と言っていたと思います。

しかし、時代は変わって
パソコンのアップルから移ってきた
原田社長時代になり
お店の中も
昔はおもちゃみたいな内装だったのが
シックに、黒や茶色を基調としたものに変化しています。

激安戦略だけじゃなくて
いろいろな戦略を平行的に
さまざまな方向へと手を打つ
巨大企業のパワーを感じますね。


個人的にはポテトにはビールが合うので
マクドナルドでビールが飲めたら最高なんですが…

(正直言って
マクドナルドってハンバーガーよりも
ポテトのほうが美味しいと思います。)

アメリカの料理というのは
世界各国からやってきて
美味しいものばかりミックスされた味ですから
だれにも愛される味というのは
こういうものだろうと思います。

タグ: デザイン, ビジネス, 日々雑感

関連する投稿

Home > Tags > ビジネス

検索
Feeds
Meta
印刷のご用命はアールプリモへ

トップへ戻る