ホーム > タグ > 印刷

印刷

本づくり~表紙

印刷は基本的には平面的な仕事ですが

本に関しては立体の領域になります。

造形というか3Dですね。

デザインの段階から考えるべきことはいろいろあって

右開きか左開きか…

頁数から背表紙の厚みを計算し…

折り返しの部分の長さを充分に保ちつつ印刷できるサイズ、領域を判断して…

などなど。

こういう本のデザインに3Dソフトを使う人がいるのかどうかはしりませんが

私はできることならば

手作業で紙を張り合わせて

実際にカッターで切って見本(つかみほん)に

かけてみて具合を確かめてみたいな、と思います。

うん。いいかんじ。

タグ: アールプリモの業務案内, デザイン, 印刷

関連する投稿

モノクロ写真の修正

オフセット印刷で作る書籍の口絵部分。
プリントアウトしてみるとUSM(アンシャープマスク)が強すぎて
真っ黒な部分が出現したようですので
左側の写真のトーンを落として右側の写真へ調製。

画面上では微妙なところですが

オフセット印刷したときには違いが大きいはずです。

タグ: アールプリモの業務案内, デザイン, 印刷

関連する投稿

くう・ねる・のぐそ

犬の散歩の時に愛犬と共に

ウンチを外で穴をほってやっていらっしゃる

表紙の著者の肩書きが「糞土師」となっている著者。

本職はきのこ研究家、カメラマンだそうです。

これほど地球に優しい人はあまりいませんね。

地球にやさしすぎるぐらい。

表紙、カバー、見返し、とびらが

「新バフン紙」に印刷されています。

この紙はテクスチャーがごわごわしていて

面白い紙ですがよく考えてみたらこんな名前よく付けたな…と思います。

タグ: これはどうなっているのか?, 印刷, 読書の時間

関連する投稿

壁新聞

今朝見たテレビによりますと

東北大震災のどこかの避難所で暮らす

小学生達が壁新聞を発行していて

避難所生活をしている大人たちに好評だそうです。

最初は鉛筆で黒一色だったのですが

だんだんカラーでイラストなども入り

豪華な紙面になってきたとか。

そのテレビにコメンテーターで出ていた

雑誌の編集長は

「先輩風吹かしてアドバイスしようかと思いましたが、
ここにはすべての要素が入っている。泪がでました。
ぜひ長く続けてください!」

とのこと。

メディアの原点っていうのは

その媒体(印刷だとか電波だとかネットだとか)が

問題なのではなくて

やはり書かれている中身なんですね。

子供達なりの視点で元気に(そして読む人も元気になるよう)

発行していって欲しいと思います。

タグ: 印刷, 時事問題

関連する投稿

印刷の失敗。

印刷も凝ったものを刷ると
いろいろとトラブルが起きます。

うちの仕事ではないのですが
印刷所でみたのは
片面が普通の印刷で
裏側が真っ黒のアーティスティックな名刺。

片面が黒い用紙があって
それを使ったものだったのですが
黒い色が気に入らなかったようで
更に黒い色を重ねたもの。

しかし、白い面に黒い面が重なったために
うらづき…ようするに移ってしまって
汚れがめだってしまいました。

これをどう回避したらよいか…

一つには合紙する、という手がありますね。

印刷した紙に黒い紙を張り合わせるという方法です。

これなら汚れることはないです。

高いですけれど
美しいものを作りたい場合はこういう
方法をとるほうが良いでしょう。

タグ: デザイン, 印刷, 失敗

関連する投稿

Home > Tags > 印刷

検索
Feeds
Meta
印刷のご用命はアールプリモへ

トップへ戻る